★映像・CG・サウンド・ドローン講座 2018年度9月生募集開始!資料請求受付中 & 学校見学・個別相談会実施中

映像,映像制作,映像編集,映像作家,DTM,デジタルサウンド,サウンド,Cubase,マリモレコーズ,marimoRECORDS,デジタル,ラボ,映像クリエイター,映像表現,江夏正晃,サウンド制作,作曲

新しい映像文化が始まる。機材やアプリの進化で、誰もがCGを創れる時代。4K映像、CG、ドローン、VR、ゲーミフィケーションをキーワードに、映像の撮り方、CGの創り方、映像編集を学び、ビデオグラファーをめざすための講座

Eスクールについて
Eスクール(運営 : 大阪国際メディア図書館)は映像やCG、ドローン、ゲーミフィケーション等の先端映像表現を総合的に学べる関西・大阪の映像スクールです。初心者の方から新しい映像表現技法を身に付けたいプロの方まで、各分野の第一線で活躍する講師陣が徹底サポート。当校が開発した独自のカリキュラムと約33,000点の蔵書(映像や写真、美術、建築、デザイン、音楽、サイエンス等に関する専門書や雑誌、VHS、CD、DVD等)の活用により、企画立案から制作、公開まで越境的に活躍できる映像のプロフェッショナルを育成します。
Eスクールの特徴
・映像は初めてという方から、映像・CG・サウンド・ドローンを本格的に学びたい方まで、また社会人の方からダブルスクールの大学生まで、幅広い年齢層の方が学んでいます。
・学びたいと思った時から始められる、映像の本格的なスクールです。
・専門学校や芸術大学、通信教育に匹敵する、第三の学び舎です。
・写真集やビデオ、CD、DVD等、大阪国際メディア図書館の蔵書を活用する独自カリキュラムを確立しています。
主な講座
・映像 & CG講座
・ドローン講座
・デジタルサウンド講座
・Eゼミ
・姉妹校「写真表現大学」の写真・美術・デザイン系講座も受講可能。
詳細にご興味のある方は、ぜひ当校の2018年度秋パンフレットをご請求(無料)下さい!
無料資料請求 申込みフォーム

お名前【必須】


おなまえ(ふりがな)【必須】


性別


年齢


ご職業


ご住所【必須】


お電話番号【必須】


Eメール【必須】


特にご興味のある分野(複数選択可)
映像CGサウンドドローンゲーミフィケーション写真アートデザインその他


これまでに学んだ分野(複数選択可)
映像CGサウンドドローンゲーミフィケーション写真アートデザインその他


上記の分野を学んだ場所(複数選択可)
特になし大学専門学校教室その他


Eスクールをどのようにして知りましたか?【必須】(複数選択可)
知人の紹介大阪国際メディア図書館のウェブサイト写真表現大学のウェブサイトメールマガジンGoogle検索Yahoo検索その他の検索エンジンFacebookYoutubeTwitterInstagramチラシ広告その他


メッセージ


お問合せ
大阪国際メディア図書館 (Eスクール – 写真表現大学)
〒567-0811 大阪府茨木市上泉町1-15 土方ビル1F/3F
072-627-1091
school@medialib.jp
大阪国際メディア図書館 : http://www.medialib.jp/
Eスクール : http://iminet.ac.jp/eschool/
写真表現大学(当館が運営する写真スクール) : http://iminet.ac.jp/photo/

【特別公開講座】『サイエンス映像の未来』

Eスクール」では、5/27(土)に特別公開講座を開催します。

講師にディスカバリー・ジャパン元代表取締役会長の沼田篤良氏を迎え、良質なサイエンス映像の定義、そしてこれからのサイエンス映像のあるべき姿についてご教授いただきます。

写真表現大学の受講生は500円、有料会員の方は無料(※有効期限内2回まで)、一般参加の方は2,500円で聴講いただけます。
この機会にぜひ、国内テレビコンテンツの世界流通に長年尽力されている沼田氏の視点を体感し、あたらしいサイエンス映像の潮流に触れてください。

 

2017年度 Eスクール
特別公開講座『サイエンス映像の未来~映像産業マーケットが抱える課題を見つめながら ~』

【日時】5/27(土)13:30〜18:00
【場所】大阪国際メディア図書館 3Fレクチャールーム
(大阪府茨木市上泉町1-15 土方ビル3F)
【講師】沼田 篤良
(ディスカバリー・ジャパン元代表取締役会長)
【聴講料】
一般 2,500円
有料会員 無料※有効期限内2回まで
写真表現大学 受講生 500円

 

【お申し込みはコチラ】

Eスクールシンポジウム「拡張する映像表現」

Eスクール2年間の報告シンポジウム

「拡張する映像表現・2017」

 

〜写真と映像・CG+ドローンが制作現場を創る〜

 


NetFlixやAbemaTVの登場、4K8KのRAW撮影対応や、VFXを駆使した異次元のCG体験、映像制作の現場は東京オリンピックに向けて急激に大きく変容している。
既存の技術や分野の壁は日が経つごとに溶解していき、メディア産業が求める新しい表現方法やネットワーク、そしてパーソナルな表現をリードしてきた写真家(フォトグラファー)の活動をビデオグラファーにつなげるためにも、クリエイティブな才能はどのように発掘され・繋がり、成長するのか、2年間にわたり「Eスクール」は時代テーマの明確化と問題提起に挑戦してきました。その成果をシンポジウムで報告し「拡張する映像表現」の今と方向性を公開討論します。


日時:2017年3月25日(土)13:30~15:30

場所:大阪国際メディア図書館(土方ビル3F)

定員:50名

資料費:2000円 ※予約申し込みが必要です。

—お申し込みフォーム—