関西・大阪の映像・CG・ドローンスクール「Eスクール」秋入学願書受付中

新しい映像文化が始まる。機材やアプリの進化で、誰もがCGを創れる時代。4K映像、CG、ドローン、VR、ゲーミフィケーションをキーワードに、映像の撮り方、CGの創り方、映像編集を学び、ビデオグラファーをめざすための講座

Eスクールについて
Eスクール(運営 : 大阪国際メディア図書館)は映像やCG、ドローン、ゲーミフィケーション等の先端映像表現を総合的に学べる関西・大阪の映像スクールです。初心者の方から新しい映像表現技法を身に付けたいプロの方まで、各分野の第一線で活躍する講師陣が徹底サポート。当校が開発した独自のカリキュラムと約33,000点の蔵書(映像や写真、美術、建築、デザイン、音楽、サイエンス等に関する専門書や雑誌、VHS、CD、DVD等)の活用により、企画立案から制作、公開まで越境的に活躍できる映像のプロフェッショナルを育成します。
Eスクールの特徴
・学びたいと思った時から始められる、映像の本格的なスクールです。
・専門学校や芸術大学、通信教育に匹敵する、第三の学び舎です。
・写真集やビデオ、CD、DVD等、大阪国際メディア図書館の蔵書を活用する独自カリキュラムを確立しています。
資料請求
Eスクールの資料請求はこちらのフォームより承ります。
学校見学・個別面談
現在、学校見学や個別面談を実施中!映像は初めてという方から、映像を本格的に学びたいプロカメラマンや写真作家の方、そして映像作家としてCGやドローン、ゲーミフィケーション等の新しい映像表現技法を身につけたい方まで、まずは下記のお電話かメールにて、又はこちらのフォームよりお問合せ下さい。
お問合せ
大阪国際メディア図書館 (Eスクール – 写真表現大学)
〒567-0811 大阪府茨木市上泉町1-15 土方ビル1F/3F
072-627-1091
school@medialib.jp
大阪国際メディア図書館 : http://www.medialib.jp/
Eスクール : http://iminet.ac.jp/eschool/
写真表現大学(当館が運営する写真スクール) : http://iminet.ac.jp/photo/

【ドローン講座】映像編集も学べるアート系ドローン講座、2017年度秋期生募集中!


大阪の映像・ CG・サウンド・ドローンスクール「Eスクール」の「ドローン講座」で「飛ばす・撮る・編集する」の3つを習得!
映像・CG・サウンド・ドローン・ゲーミフィケーション・写真・アート・デザイン等を横断的に学べる「Eスクール」(運営 : 大阪国際メディア図書館)では、アート系のドローン講座を開講しています。

本講座では、「飛ばす・撮る・編集する」の3つを習得すると同時に、ドローンを主軸とした新しい制作ワークフローも開発します。

今まで撮れなかったあの瞬間を求めて
近年、カメラの性能が飛躍的に進化するとともに、撮影のスタイルも数十年前では考えられないものになっています。

その代表として知られるドローンは、今撮影現場には欠かせない存在となっていて、今まで不可能だった高度のある空中からの俯瞰撮影や、ジンバル(センサー感知でカメラの傾き等を自動補正する装置)を搭載したものなら動きが激しい撮影も滑らかに撮ることができます。

この講座では、ドローンの基本的な操作から、国の規制に関することや操作にあたっての注意点を学びながら、映像の基本的な部分も合わせて学べる映像初心者向けの講座です。

写真のプロを目指す人こそ受けて欲しい
コマーシャル系のスチールを撮影をするプロカメラマンも、近年では映像の撮影が増えてきており、実際にスチール撮影と合わせて映像の撮影依頼が増加傾向にあります。

そのジャンルは広告業界だけに留まらず、ドキュメンタリー、企業プロモーション、音楽のPV撮影などと業界の仕事領域が年々広がり続けています。

この講座では、「写真だけでなく映像も学びたい」という方にオススメの講義を展開しています。

資料請求
Eスクールでは、ドローン講座にご興味のある方や受講をご検討中の方に、詳しい内容(カリキュラムや講師、受講料等)が分かる資料を随時無料でお手元にお届けしています。まずはこちらのフォームよりお気軽にご請求下さい!
お問合せ
大阪国際メディア図書館 (Eスクール – 写真表現大学)
〒567-0811 大阪府茨木市上泉町1-15 土方ビル1F/3F
072-627-1091
school@medialib.jp
大阪国際メディア図書館 : http://www.medialib.jp/
Eスクール : http://iminet.ac.jp/eschool/
写真表現大学(当館が運営する開校25年以上の写真スクール): http://iminet.ac.jp/photo/