トピックス

1月14日【新規プロジェクト会議】


1/14_Eスクール講義録

講師:梶塚千春(CGクリエイター)水野五郎(映像ディレクター)

「新規プロジェクト会議」

年初めのEスクールは、今年度の目玉にもなる「新規プロジェクト」に関する会議を行った。
各自、受講生が考えてきた企画書をメインに話が展開されたので、その内容から抜粋したものをまとめた。

【新規プロジェクトの大枠】
これまでのEスクールでは、映像を中心とした講座を開講してきた。
それは、昨年の夏頃に制作した「得々あちこち噺 ふるさと納税の美味しい話」に代表されるように、映像制作がメインのEスクールであった。しかし、今度のプロジェクトは有力企業2社にご協力いただき、『スマートフォンのアプリケーション企画開発』と、その『商材アプリのメディアプロモーション』をEスクールが担当させてもらえる形となった。実績で経験を積むシステムが創設から2年目でようやく完成した。

【アプリの内容】
Eスクールが実際に携わる「アプリケーション企画開発」と「商材アプリのメディアプロモーション」とは一体どういう事なのか?
まず、今回企画開発するアプリの背景として「夢(目標)に向かう若者を後押しするツールでありたい」という考えがある。その若者が夢を達成するためには、お金と時間と熱意の3種類の軸が大きな存在であるとEスクールは考えている。
現段階では、この3つの要素を織り込んだシステムの企画書をEスクール受講生から提出してもらい、今回のEスクール授業での会議を経て最も仕上がりの良い企画書を押し進めていく予定だ。
「プロモーション」では、EスクールとしてアプリのCM制作が実践的な映像制作(CM)のワークフローを経験するのに重要な機会だと位置づける。また、今回のCM制作の前にプレビズで映像を作り出しプリプロの段階でBlenderでの映像制作を予定している。

【ドローン:MavicPro】
2017年に入り、Eスクールは最新のドローンを仕入れた。
メーカー:DJI
製品名:Mavic Pro

今回はお披露目ということで、授業と授業の合間にフライトを行った。
このMavicProのカメラ部分にはジンバルが取り付けられており、どんな環境でも安定したカメラワークを実現してくれる。
ただ、一つ欠点として機体が軽すぎるために屋外では風の影響をもろに受けるという。なので、屋外でのホバリングでの定点撮影は無風の時でないと有効ではないという事が分かった。
今後、Eスクールは2017年度はドローンに着手した講座も開講していく。

年末年始休館日のお知らせ

平素より、大阪国際メディア図書館及びEスクールをご利用いただき誠にありがとうございます。
当館では下記の期間を年末年始休館日とさせていただきます。


図書館休館日:2016年12月26日(月)〜2017年1月5日(木)
※月曜日、火曜日は通常通り休館となります。


尚、上記期間内にお問い合わせ、お申し込みなどを頂いた方へのご返信は2017年1月6日(金)以降となりますので、予めご了承くださいませ。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。